「働く」ってこと自体には、定年や引退はない。

働き手

以前のエントリー「無事これ名馬。継続は力。」でご紹介した、現役最年長オートレーサー・谷口武彦さんが引退されたそうです(東スポニュース)。

頑張っている姿に勇気をもらえると、たくさんの根強いファンがいらっしゃるそう。惜しまれながらの引退ですね。 “「働く」ってこと自体には、定年や引退はない。” の続きを読む

英語を使うときは、所作も英語脳でこなしたい

エレガント

次に入ってくる人のためにドアを押さえておくマナー、日本でもかなり浸透していると感じます。私の勤める会社でも、ほぼ100% みなやっています。

ただ、結構遠くにいるときにやってもらっても、正直困ることもあります。思わず小走りになってしまいます。 “英語を使うときは、所作も英語脳でこなしたい” の続きを読む

情報爆発の世界では、消費者は『話半分フィルター』を持つべき

ガッテン睡眠

大好きな情報番組「ガッテン!」の2017年3月1日の放送は、小野アナの謝罪から始まりました。その前の週、2月22日放送の「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」に不適切な表現があったとのことでした。

不適切な部分は、まとめると次の2点です。 “情報爆発の世界では、消費者は『話半分フィルター』を持つべき” の続きを読む

ワイヤレスイヤホンがあれば、すきま時間の語学学習も進む

ワイヤレスイヤホン

通勤電車で聞いているオーディオ教材を、家事の合間などにも聞きたいとずっと思っていました。その時に邪魔になるのが、イヤホンのコード。

トゥルーワイヤレスタイプと言われる、左右のイヤホンが完全に独立したタイプは、1年ほど前に探したときには存在していませんでした。このところ続々と発売されています。 “ワイヤレスイヤホンがあれば、すきま時間の語学学習も進む” の続きを読む

『普通』の人にとって、ダイバーシティは何を意味するんだろう?

働きアリ

私が勤めている外資系の会社は、性別と年齢に関して、かなり寛容です。どういう意味かというと、例えば「50代・女性・未経験」というプロフィールで入社される方も、たまにですがいらっしゃいます。 “『普通』の人にとって、ダイバーシティは何を意味するんだろう?” の続きを読む

関係代名詞の魔法で、いつもの英会話をよりスマートに

知らない世界

英語で会話する上で重要なことの一つに、「テンポの良さ」というのがあります。

もちろん日本語の会話でも、テンポが良ければ会話がはずみます。でも日本語って、行間を読むとか、間合いを読むとか、要は「空気を読む」みたいなところがありますよね。 “関係代名詞の魔法で、いつもの英会話をよりスマートに” の続きを読む

問題への男女の本能的な差を知り、気持ちが楽になりました

お雛様

何らかの問題に対し、女はそのことを話したがり、男はそれを忘れたがる。

ジェームス・スキナーさんの「成功研究会」を、通勤電車の中で聞いています。その一節「男と女のコミュニケーション!」に、上記の内容がありました。 “問題への男女の本能的な差を知り、気持ちが楽になりました” の続きを読む