「赤子泣いてもふたとるな」は古い?ストウブ炊飯は簡単。

以前から気になっている家電があります。日立の「おひつ御膳」という小容量の炊飯器です。2合まで炊けて、炊飯器ごと食卓にのせられるサイズ。

うちはまとめてたくさん炊いて、お茶碗一杯分をラップにくるんで冷凍。食べるときに電子レンジで温めています。でもやはり炊きたてが美味しいのと、電子レンジを使うのが嫌で、このおひつ御膳がいいなと思ったのです。

朝出勤前にお米を研いでセットしておけば、帰宅時に炊き立てごはんができている。いいと思いませんか?夫に相談してみると、予想だにしなかった答えが。

炊飯

「朝から夕方までお米が水に浸っていたら、ふやけそうでイヤ」だと。そういうセリフは、自分で食事を用意してから言ってもらいたいものです。

それで仕方がなく選んだ代替案が、アイキャッチ画像の炊飯用ストウブです。結果、買ってよかったです。すごく便利。

朝お米を研いで、上の写真のようにざるにあげておきます(お水につけたままでも大丈夫と思います)。帰宅後、蒸らし時間も含めて30分でふっくらごはんのできあがり。

手順は以下の通りです。

① 普通に炊飯する時と同じくらいに水をはる

ストウブ炊飯

② ふたを開けたまま中火で10分煮る

ストウブ炊飯

「炊く」というより「煮る」感じです。吹きこぼれないように火加減を調整しながら、調理してください。大体5分くらいで写真のような感じになります。

③ 火を弱めてふたをし、さらに10分火を通す

ストウブ炊飯

最初の10分が終わったら、ふたをします。ふたをする前の状態は、大体上の写真のような感じです。火は弱火にします。

④ 火を消して、10分間蒸らす

ストウブ炊飯

火をつけて10分、ふたをして10分の合計20分の過熱が終わったら、火を消して10分蒸らします。蒸らし終わって混ぜたのが、上の写真です。

このやり方は、この鍋の説明書に書かれていたものです。フランスのものだからですかね。日本人からすると斬新ですよね、ふたをしないでお米を炊くというのは。でもやってみたら、ちゃんと炊けているし簡単でした。

毎日のことだから、やっぱり簡単がいちばんです。

 

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら