iPhoneカメラは、設定次第でもっと上手くとれる

先日の投稿(「ブログ更新のボトルネック」)ブログ更新のボトルネックでも書きましたが、私は写真を撮るのが苦手です。

被写体選びのセンスがないし、設定の調整などもよくわかりません。そんな初心者でも、まずここはおさえるべきという情報をゲットしたので、シェアします。

フード写真は「クローム」がいいらしい

カメラを起動すると、右上に丸の三つ巴(正式名称わかりません…)があります。それを押すと、いろんな写り方をするフレームから好きなものを選択できます。

通常はフレーム「なし」の状態。アイキャッチのたこ焼きは、フレームなしで撮影したものです。全体的に黒っぽいですね。

フレームは「なし」も含めると9種類あります。選んだフレームによって、うつり方はかなり違うみたいです。うちの壁を撮ってみたら、こんな感じになりました。オリジナルは、アイボリーです。

iphoneカメラのフレーム

実物に近く見えるのは、クロームです。「なし」だと暗くうつっています。プロセス、トランスファー、インスタントは、まるで別ものに見えます。

アイキャッチのたこ焼きを、クロームで撮影してみました。

明るいたこ焼き

こちらのほうが、断然おいしそう!

詳しいことはわかりませんが、クロームにすると露出が高くなるらしいです。ブログ写真は伝える大事な手段ですから、よりきれいに、よりおいしそうに見えるのは大事ですね。

グリッドを入れると、構図が決まりやすい

iPhoneで撮影しているとき、うまく水平に撮れないことはありませんか? そんなとき、画面に線が入っているとわかりやすいです。

こんな感じで。

iphoneカメラのグリッド

これは、「設定」→「写真とカメラ」→「グリッド」で、グリッドをONにすれば設定できます。

「人は、グリッドのこの部分に目がいくもの」というセオリーもあるらしいので、これもおいおい調べてご報告いたします。

 

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら