映画:LION 25年目のただいま|驚きのGoogle Earthの使い方

久しぶりに映画を観てきました。インドで5歳で迷子になって、オーストラリアに養子に行って、25年後に本当の家を見つけ出したというお話。実話です。

アイキャッチは、映画の帰りに発見した迷子の手作りマスコット。持ち主のもとに届くといいなぁ。

驚きの実話

もうとにかく驚きとしか言えないお話でした。お母さんの名前も分からない、住んでいた場所もうろ覚えの5歳。ひょんなことから回送電車で1万キロも離れた場所に行く羽目になり、そのまま25年も経ってしまった。

養父母に恵まれてオーストラリアで幸せに暮らすことに。でもある日突然、子供のころの記憶の断片を鮮明に思い出したことから、どうしても本当の家族に無事でいることを知らせたいという気持ちが芽生える。そこから始まる挑戦。

養父母に対する気兼ね、恋人との行き違いなど、単にポジティブな挑戦&冒険の物語でないところに実話ならではの良さが全編に出ていて、観ている者が共感する。映画を観ている途中から、自分も心の奥をサーチしてしまう。そんな素晴らしい映画でした。

詳しくは公式ホームページで。

感想をひとことでまとめると

「悩み事は一人で悩んでいないで、話をしてみると道が開けるのかもしれない」というのが、この映画から私がもらった一番大きなことです。

主人公のサルーは迷子になった場所を、たった一つの記憶をもとにGoogle Earthで5年がかりで見つけました。

Google Earthを使って見つけるという発想は、彼がずっと話せないでいた事実を友人たちに語ったときに得たものです。

友人たちは話を聞いて、「Google Earthで探せるのではないか?」「乗っていた期間と、当時の列車のスピードを考えれば移動距離を割り出せる」など、サルーが思ってもいなかったアイデアをくれました。

そして本当にその通りに実践して、ついに見つけることができた。ずっと話せないでいたのに、勇気をもって話してみたら道が開けた。

悩んでいる当人には見えなくなってしまう解決策も、他者だからこそ見える場合がある。当人からしたら恥と思うことでも、本当は恥ずかしいことでもないことも多い。

心を開くことって、この世界すべてを検索するってことなのかもしれないですね。

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら