投資になぞって、結婚のエントリー条件・エグジット条件を考えてみた

先日のエントリー(「プロジェクト思考は短期志向」)でも書きましたが、与沢翼氏のトレード講座を受講中です。

FXの短期トレードと、米国株式の長期投資のポイントを3ヶ月間集中して学ぶ講座です。

投資で最も大切なことは?

短期トレードと長期投資では、考慮すべき項目や動き方が全く違います。でも共通する守るべきポイントがあります。それはエントリー条件です。

投資スタイルの違いに関わらず、得するか損するかはほとんどがエントリーで決まってしまう。だから「こういう条件の時にエントリーする」というのをしっかりと決め、それを守るのが大切。

そしてエントリーするときに、同時に「どういう条件になったら清算するのか?」というエグジット条件(出口戦略)を決めておくのも重要。

エグジット条件を決めておくというのは、私の盲点でした。「なんとなくまずいぞ」とか、「まあこれで十分かな」とか曖昧な感覚でやっていました。

与沢氏曰く、これは何も投資だけのことではないと。一般的なビジネスや人間関係、友人関係、そして恋愛関係や結婚にも同じことが言えるのだと。

とは言え、エントリーしなきゃ始まらない

目標を想定してエントリーする。そして途中で目標達成が難しいと判断したら、それを解消する。

投資で言えば、+5%の利益を目標に想定してエントリーしたら、相場が下降し-3%の含み損になっている。各指標もさらなる下落の予兆。よってポジション解消。

これを恋愛、結婚で考えてみたらどうなるんでしょ?

「幸せになりたい」という目標を想定して、素敵な(と思う)人とお付き合いする。で、めでたく恋愛関係にエントリーできました。

関係が成熟し、次はこの人と「結婚して幸せになりたい」という目標を想定して、籍を入れました。

ここまでがすんなりいく人もいれば、もうここまでが紆余曲折、波瀾万丈、ひっちゃかめっちゃかで力尽きる...。そんな方も多いのではないでしょうか?(えぇ、私がそうです)

結婚て、ある程度の年齢過ぎると、エントリーそのものが難しくて難しくて。条件とか言ってる場合じゃなくなる。というより、相手の方の条件に自分が引っかかってこない(泣)。

エグジット条件なんて、考える余裕はまったくなし。

エグジット条件を考えることで冷静になれる

やっとの思いでたどり着いたエントリーの時に、エグジット条件なんて考えられない。まったくその通りです。

でもエグジット条件をエントリーの際に決めるというのは、「このエントリーが正しいのか?」という判断材料にもなります。これ重要です。

砂漠にいて喉がカラカラで、やっとたどり着いたオアシス。そこにある水がきれいかどうかなんて、そんなの構っちゃいられない。それもありでしょう。

でも飲む前にちょっと冷静になって、飲んだ後のことを考えてみる。「美味しいかな?」「おなか壊さないかな?」「どこから出てる水なんだろう?」 etc.

そうしたら水の色を見てみるし、ゴミが浮いていないか見てみるし、周りの環境を見てみますよね。

この一瞬の冷静な判断、これが大事。と与沢氏は言っているのでしょう。そしてこれが、彼の成功の秘訣なのだと思います。

ぢゃ、自分は?

恥ずかしながら、喉がカラカラで確認もせず水を飲んだくちです(汗)。不幸中の幸いというか、結果、よいエントリーでした。

でもやはり、エグジット条件は考えておくべきだと思います。条件というとネガティブな感じがしますが、目標が達成できない場合にやめる条件だけでなく、目標達成を促進するための条件だって含めておいてよいはずです。

大事なのは、判断基準を持っていないために関係がずるずるしてしまうというのが無いようにすること。

親しき仲にも礼儀あり。そのためのハッピーなエグジット条件設定にしたいと思います。

 

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら