六本木に、春のかおり

成人の日の三連休も明け、残っていたお正月気分もどこへやら。お天気が良かったので、ランチの買い出しは少し遠出。六本木一丁目駅に隣接する、おしゃれスーパー・福島屋さんへ。美味しいサラダをいただきました。

美味しいもの満載なので、お昼は長蛇の列ですが、並んでも買う価値のある品質です。おしゃれ系ですが、男性客の比率が高いのも特長です。

福島屋さんへ行く途中、かわいい梅の花が咲いていました。梅って、いい香り。「きれい~」とか「かわいい~」とか言うと、かおりがより強くなるのは気のせいでしょうか。

日本では「花」と言えば桜ですが、中国では梅なんだそうです。だからお花見は「梅」。旧正月の時期にちょうど満開になりそうですね。

六本木の梅

最近はアメリカでも、旧正月がフォーカスされるようになっていると現地在住の友達が言っていました。チャイニーズマネーの影響でしょうか。

旧正月のことを、中国では「春節」といいます。この春節、旧暦なので毎年日付が違います。2017年は、1月28日が春節の元旦です。27日が大みそかで、休み期間は1月27日~2月2日の7日間。

この期間は、日本へも中国からの旅行客がたくさん来られるでしょう。寒くても北海道は大人気で、この期間の北海道への飛行機や現地のホテルの予約は大変と聞きます。

春節の大みそかには、日本と同様に紅白歌合戦的なものがあるそうです。20時から始まり、翌深夜1時までの一大エンターテインメント番組。番組中でカウントダウンも。

日本の「ゆく年くる年」はものすごくしんみりしていますが、中国のは賑やかそうですね。一度だけ見たことがあるのですが、カウントダウンは見逃してしまい残念です。今は相当規制されているようですが、爆竹を使った賑やかな年越し、以前はよく報道されていましたね。

今年の旧正月は、横浜のチャイナタウンに行ってみようかな。

 

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら