知らない世界の扉を開ける鍵

このブログは「ものくろキャンプ ブログスタートアップ講座」に参加したおかげで、始めることができました。

丸一日の講座で、年末に一日費やすのはきついかなと思いましたが、なんのなんの。普通なら2日以上かかる内容を本当にわかりやすく、懇切丁寧に教えていただきました。楽しくて、あっという間の一日でした。

このブログのタイトルも、ものくろさんからいただいたもの。最初はサブタイトルでしたが、メインタイトルに替えました。だって、深いんですもの。

ものくろキャンプの詳細は、こちら

そして今日のアイキャッチと同じブログタイトルの画像は、この講座のランチで行った北出食堂で撮ったものです。ごはんは美味しく、インテリアも素晴らしい。とっても素敵なお店です。

家が近かったら、朝昼晩と三食ここに来たい。というか、住みたい!それくらいリラックスできる空間。子連れで来ても、ゆっくり楽しく過ごせると思います。

鍵はどこにあるの?

で、とても素敵なこの扉の写真なのですが、よく見ると変じゃないですか?扉そのものではないです。タイトルとの関係性です。ブログタイトルは「知らない世界の扉を開ける」。

でもこの扉、自分でかけたり外したりできる鍵がついています。普通知らない世界の扉は、自分の中ではなく外にあって、自分で鍵を開けられるようなものではないでは?

おかしい、変だ。それで下の写真に替えようかと思いました。こちらも北出食堂のもの。まるで絵画のようですよね。

知らない世界の扉

でも、でもね。マルチリンガルクラブの理念て、「すでに自分の中にあるのに、気づいていない英語能力」を引き出すこと。つまり、扉を開ける鍵は自分の中にあるということ。

鍵は開けられるんだと気づけば、いつだって、しかも簡単に開けることができてしまう。この写真は、そんなマルチリンガルの理念を言い当ててる!と一人納得してしまいました。なので、このまま変更なしです。

最後にもう一つQuestion。この扉、北出食堂のどこの扉でしょうか?ぜひ行って、探してみてくださいね。

 

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら