英語を使うときは、所作も英語脳でこなしたい

次に入ってくる人のためにドアを押さえておくマナー、日本でもかなり浸透していると感じます。私の勤める会社でも、ほぼ100% みなやっています。

ただ、結構遠くにいるときにやってもらっても、正直困ることもあります。思わず小走りになってしまいます。

無様な所作を指摘され、赤面のいたり

先日、エグゼクティブの外国人紳士がこれをやってくれました。いつものように思わず小走りに。すると彼は、ため息をつきながら首を左右に振っています。

「レディが、そんなにあわてて走っちゃダメだよ」と言わんばかりに。

エレガントが最近のテーマの私(!?)は、自分のこなれていない振る舞いに赤面でした。(参考エントリー:「ピエールマルコリーニ」「小さなバッグ」)

日本人だとすぐに分かる

以前、外国人の友人と大通りに面するカフェでお茶をしていたときに、言われたことを思い出します。

「日本人か外国人か、歩き方を見ればすぐ分かる」と。なぜなら、日本人は外国人に比べて歩幅が狭く、ちょこちょこ歩いているからと。

それから観察してみると、確かにそういう傾向があるようです。外国人はストライドが長く、足を伸ばして歩いている。日本人は足が伸びきっていない人が多い。(蛇足ですが、これがO脚の原因になるのでは?と思います)

身体差が少ない韓国系や中国系の人たちも、足がピーンと伸びて、堂々と歩いているように見えます。

行動って文化に支配されているのかも

他にも、海外在住だったときに、地元の友人から「帽子をかぶっている人は、ほとんど日本人」と指摘されたことがありました。

別にいいんですよ。帽子をかぶっていても、ちょこちょこ歩いても。そんなの自分の好きにすればいい。

ただ言いたいのは、それってもしかしたら、本当に自分がそうしたいからではなく、「まわりがみんなそうだから」なんじゃないか?ということです。つまり習慣。

そしてそれは、同じ文化を共有している(と思われる)日本人にしか通用しないということです。

こちらが当たり前に思っていることも、実はそうでもなかったりする。そう認識しておくだけでいいと思います。習慣を敢えて変える必要もない。

ただ、せめて英語を話すときくらい、文化の違いを意識してみる、英語脳でふるまってみるというのはどうでしょうか?

大股で歩いてみたり、大げさなジェスチャーを交えてみたり。日本語脳から自分を解放し、英語脳で自分を客観視してみると、ちょっと面白いと思います。

外国人でも、ウザいと思っている人もいるらしい

ところで、ドアを押さえるマナー、状況によってウザいと思っている外国人もやはりいるようです。

面白い会話があったので、ぜひ見てみてください(「ドアを押さえるマナー」)。無料の英語学習サイトです。動画とスクリプトがついているので、分かりやすいです。

曰く、

  • カフェの入口でドアを押さえてたら、無言で立ち去った上に、列に並ぶ際、自分の前に並ばれて腹が立った。
  • あまりにも遠くにいるときに押さえられると、正直ウザい。

な~んだ。やっぱり、そうだよね。ウザいですよね。

次回同じシチュエーションになったら、「ウザい」と思ってよかったんだと認識しつつ、大股で優雅にゆっくり歩いてやろうと思います。

 

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら