ダイエット:今月の振り返り(2017年2月)

年始から開始したダイエット2ヶ月目。先月は、現状確認だけで終わりました(先月エントリー)。

今月はその結果をもとに、ダイエット目標を設定。目標達成のために、“魔法の呪文” も編み出しました。

目標:8月までにマイナス5kg

中期的な目標を、「6ヶ月でマイナス5kg」 と決めました。この理由は、

  • 性格的に、先の見えないことを続けることが難しい。よって期間設定が必要。3ヶ月は短すぎるし、1年は長すぎる。半年が妥当と判断。
  • 半年の期間で-10kg は厳しく、-3kg ではゆるすぎる。モチベーション維持と、リバウンド防止を考慮して-5kg と決定。

現状の問題点の原因を追及

FoodLogで食べたものを記録して分かったのは、「食べている総量が多すぎる」ことと「品目が多い」こと。

間食は意外としておらず、食事直後にいろいろ食べてしまっています。客観的に見て、一回の食事にかかっている時間が長いです。

私は食べるのが遅いほうなので、そもそも時間がかかるということもあります。でもそれだけでなく、食事が二段階方式になっていることが分かりました。

  • 第一段階: メインの食事
  • 第二段階: 口寂しさの解消

第一段階のメインの食事自体は、普通程度か若干少な目です。これに物足りなさを感じて、第二段階に行ってしまうというのが大きな問題です。

魔法の呪文、「あとで食べよう」

第二段階は、食事の直後から10~20分程度の間に集中しています。一般に満腹中枢は、「食後20分くらい経たないと反応しない」 と言われているようです。まさにその通り!な実体験です。

第二段階目の食を防止できれば、摂取カロリーを抑えて、体重を減らすことができるはず。どうすれば、ここを我慢できるか?ですよね。

「我慢しなきゃ!」とか、「食べちゃダメ!」とか思うと、却って食べたくなってしまうもの。食べないことを意識しすぎて、逆に食欲を刺激してしまうようです。そこで苦肉の策が、「あとで食べよう」です。

食べたいと思った時にすぐに食べるのではなく、「あとで食べよう」と保留して、別のことをしてしまう。お手洗いに行ったり、歯磨きをしたり、なんでもいいです。そうこうしているうちに20分くらい経ってしまって、食べようと思っていたこと自体を忘れています。

今月はこの「あとで食べよう」作戦で、食事量は若干減りました。体重は微量減なだけですが、今後に期待です。

 

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら