中高年、パソコン選びに四苦八苦(4)

実は、ちょっと気になるメーカーがあります。ASUSです。ずっとエイサスと思ってましたが、エイスースと読むらしいです。名前の由来はPegasusとのこと。台湾のメーカーです。

パソコン大好き秋葉っ子の弟が、ずいぶん前から愛用しています。この人、たくさんパソコンや関連機器を持っていますが、大手メーカーのものは持っていません。自作や聞いたことないメーカーを使い倒しているようです。

手を出せないのはなぜだろう?

弟がご機嫌に使い込んでいるASUSですが、まったく問題なく使っているように見えるのに、私は手が出せません。なぜだろう?と自問してみました。まとめると、

  • 安かろう、悪かろうではないのか?標準でついていない機能がたくさんあって、追加購入が必要なのではないか?という懸念
  • よく分からないメーカーって、サポートはどうよ?と不安
  • 大手量販店の取扱量が少なく、店頭に置かれているものはあまり目を引くものではない

でもパンフレットを見ると、結構カッコいいのがあるようなんですよ。しかも同じような大手メーカー製品に比べて、段違いに安い!

「安かろう、悪かろう」なのか?

これは単に、イメージの問題だけだと思います。Wikiによると、かつてソニーへVAIOシリーズをOEM供給していたらしいですし。技術力には、何ら問題ないと思われます。

「VAIOのラベルが貼ってあって、それなりの価格だったら安心」みたいな気持ちがあるのでしょう。中身が同じなら、「ASUSラベルで、安い」でもいいはずなのに、その辺の心理的ハードルは意外と高いです。

サポートはどうなのか?

サポートは、電話・メール・チャットでできるようです。でもよく考えてみると、これまでサポートというもの自体、使ったことがありません。

壊れたら家電量販店に持ち込んでもいいし、不調だったらパソコンドック24などのサポートサービスを主体としたお店に行ってもいいと思います。

以前、デスクトップに表示されているアイコンの大きさが変わって戻らなくなってしまい、パソコンドック24にお願いしたことがあります。

サポート内容にもよりますが、その時は2000円位でした。パソコン整備士1級のスタッフが、丁寧に見てくれました。メーカーの方でないほうが、客観的に見てくれてよい気もします。

メーカー保証はふつう1年。その間のことだけを考えて、サポート云々を議論して、優良な選択肢を無くすのは勿体ない話です。

店頭で確認できるモデルが少ない

営業が弱いのでしょう。お店で、ASUSが確保できているスペースが少ない。そのため、店頭に陳列されているモデルがあまりないです。新宿のBカメラでは、ノートは2機種程度でした。

あまり一般受けはしそうにないので、無理もないかもしれません。弟が行きそうな秋葉原のお店などには、もっと陳列されているかもしれません。この点、もう少し確認してみます。

 

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら