2月なのでFebruaryの発音。真ん中のrは発音する?しない?

以前、英語の発音専門のスクールに通ったことがあります。そこで一番最初に受けた衝撃は、今月2月の「February」の発音。私は最初に習った中1以降、ずっと「フェブリュアリー」と言っていました。

その発音教室は、日本人の先生が教えてくれます。英語ネイティブでない日本人のほうが、同じ日本人が英語の発音で苦労するポイントが良く分かっているからという説明。実際、本当にその通りでした。

「フェビュエリー」と聞こえるんですが・・・

毎回テーマを絞って、先生のお手本を実際に声に出して真似るというのがスクールの基本スタイル。そしてなぜか「数と月」は、初期からかなり重点的に訓練させられました。

その中で、私が最初につまづいた単語が「February」です。

先生のお手本が、何度聞いても「フェビュエリー」に聞こえる。「えっ!? リュはどこ?」と戸惑っている間に、もうMarchに進んでしまっているという状態。

発音を辞書で調べてみた

Februaryの発音記号は、辞書によっていろいろ違っています。

fébruèri, fébju‐fébruəri, ‐bjurəri

他の多くの単語にも言えることですが、米国式、英国式で発音が違うというのがまず一つあります。

そしてFebruaryに関していえば、真ん中のrが

  1. 発音される表記のみ(fébruèrifébruəri
  2. 1を前提として、発音されないものも併記(fébju‐‐bjurəri

という大きく分けて2パターンあるようです。

しかもリズムまで違う

発音スクールは発音だけでなく、リズムも非常に重視していました。いわゆる「音節(シラブル)」というやつです。

英単語を辞書でよく見てみると、「・」で区切られている単語があります。例えば、Februaryは「Feb・ru・a・ry」と表示されています。

スクールでは、先生が手拍子を打ちます。ほとんどの単語は、この辞書上の音節と同じ拍数なんですが、Februaryは「フェビュ・エリー」と2拍でした。

辞書上の音節では4拍と思ってしまいますが、それでは「フェブ・リュ・ア・リー」とものすごく日本語チックになってしまいます。

発音は自然なもの。頭でっかちはダメ。

結局、リズミカルに2拍で「フェビュ・エリー」というのが、相手も聞き取りやすいし、自分も言いやすい。

学問上の区分では「こういう発音」と論じられていたり、「母音が4つだから4音節」と分けられたりしています。

でも英語は「ことば」です。そしてことばで大事なのは、きちんと通じること。

自分で辞書通りに発音していると思っている「フェブ・リュ・ア・リー」よりも、「フェビュ・エリー」のほうが発音しやすい。アメリカ人との会話の際にも使ってみましたが、ちゃんと通じました。

ことばは、頭でっかちはダメなんですね。考えるより、実際に口に出してみるほうが大事。そして耳で違いを感じるほうが大事。実践あるのみです!

 

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら