高齢者の年齢を定義する不思議。65才?75才?。みんなのお金を分けるのは大変。

今朝のNHK情報番組「あさイチ」で、高齢者の年齢定義について考える企画がありました。

高齢者を研究している学会の、現在65才以上とされている高齢者の定義を「75才以上にしたほうがよいのでは?」という提言を受けてのものでした。

いつ発表されたのか?

日本経済新聞によると、2017年1月5日に「日本老年学会など」が発表したとされています。(補足:日本老年学会日本老年医学会による発表のようです)

現在「前期高齢者」とされている「65才~74才」を「准高齢者」とし、「75才以上を高齢者」と定義するべきではないだろうかという内容。ちなみに平均寿命を越える90才以上は「超高齢者」と。

「65才~74才」は活発な社会活動が可能な人が大多数で、社会の支え手と捉え直すことが明るく活力ある高齢化社会につながる、という主張です。

「前期」と「准」って、そんなに違うんですかね?

年齢はものすごく平等な設定軸

日本で暮らしていると、何かにつけて年齢を意識せざるを得ない場面がたくさんあります。料金設定や、補助金等の受給、資格設定などいろいろな場面で、対象者を絞り込むことはどうしても必要。

その時に「年齢」というのは、だれでも同じ軸設定で平等だし、一目瞭然にわかりやすい。とても便利な指標です。よくある設定ポイントは、

  • 3歳未満
  • 小学校就学前
  • 小学生以下
  • 中学生以下
  • 18才以下
  • 20才
  • 60才
  • 65才以上
  • 70才以上
  • 75才以上

こんな感じですかね。

みんなのお金(税金)をどうするのか?という話

この年齢設定をよく見てみると、青字世代は「何らかの公的な補助が受けられる可能性の高い」世代、赤字部分が「公的な補助の資金源となるメインパート」のように見えます。

  • 3歳未満
  • 小学校就学前
  • 小学生以下
  • 中学生以下
  • 18才以下
  • 20才
  • 60才
  • 65才以上
  • 70才以上
  • 75才以上

少子高齢化が大問題となっている中、子供部分に手を入れるのはさすがに世間体が悪い。でも「出ていくお金を減らし」て「入ってくるお金を増やす」のは、どうしてもやらなきゃいけないこと。

そしたら来ちゃいますよね、今の「65才~74才」。だって、人数すごく多いもん。特に今年「68才~70才」になる「団塊の世代」。私の母も、ドンピシャここに入っています。ちなみに母の学生時代、1クラス50人以上いたそうです。

それから団塊の世代の子供たちである、第二次ベビーブーマー。いわゆる「団塊ジュニア」。今年「43才~46才」のまさに現役バリバリ世代。長期的にはここが真のターゲットかもしれません。

「制度年齢」と「脳内年齢」で割り切る

年金や保障という制度は、その時々の経済情勢や環境によって常に変動します。決まってしまった制度に不満を持っても、どうにもならない部分が大きいです。

特に上の年齢設定で青でも赤でもない部分は、今後何とかして赤に取り込もうという力が働いてくるでしょう。国民年金は18才以上からとか。

生年月日で決まる「制度年齢」は制度として冷静にとらえ、中長期的に自分戦略を練る。幸運にも長生きした場合に、困らない布石は打っておきたい。

一方で、そんなに年齢ばかり気にしたくもない。勝手に好きな「脳内年齢」を設定して、好き勝手に勘違いしておこうと思います。

 

The following two tabs change content below.
ジェーン

ジェーン

外資系企業で働くワーキングマザー。海外駐在と、外資での勤務経験をもとに、仕事に関わる英語の話、マインドセットの話などを中心に書いています。詳しいプロフィールはこちら